学校で勉強をするとき、1日中勉強していてはとても頭が付いて行かないでしょう。

パートのメリットについて

パートで仕事をするとき休憩をもらえるか

パートのメリットについて 学校で勉強をするとき、1日中勉強していてはとても頭が付いて行かないでしょう。一応授業と授業の間に休憩が設けられています。特に決まりがあるわけではありませんが、1時間当たり10分ぐらいあるのが一般的です。でも社会人になってびっくりすることがあります。ほとんど休憩時間がないからです。1日働いて昼休みの1時間しか与えられないことがあります。

労働基準法では休憩に関しては8時間であれば60分以上、6時間であれば45分以上と決めています。6時間未満であれば特に与えなくてもよいとなっています。パートで仕事をするとなると6時間も仕事をしないこともあります。何時間もぶっ通しで仕事をしないといけないのでしょうか。トイレに行ったり、少し飲み物を飲んだりすることもできないのか気になるでしょう。

労働基準法の決まりは就業規則に記載する休憩時間になります。もちろんこれによって規律を守る必要がありますが、だからと言ってトイレ休憩などができないわけではありません。適度に管理者の許可を取りながら休憩を取ることは可能になります。しかしあまり頻繁にとるようだと注意されることもあります。仕事場の周りの人の様子を見ながら、節度ある対応をしていれば注意されることはありません。

お勧め情報

Copyright (C)2019パートのメリットについて.All rights reserved.